【心理学】アスリートが到達する無我の境地「ゾーン」には『フロー』と『クラッチ』の2種類があった

オカルト
Pocket

1: オカルト名無し 2020/11/26(木) 13:13:35.42 _USER
アスリートが到達する無我の境地「ゾーン」に入る2つの方法とは?

スポーツやeスポーツ、音楽などに没頭している人は、しばしば時間が止まったように感じるほどの極端な集中状態を経験することがあります。
「ゾーン」や「無我の境地」と呼ばれるこの状態に入る方法について、オーストラリア・サザンクロス大学の心理学者が解説しています。

Let it happen or make it happen? There’s more than one way to get in the zone
https://theconversation.com/let-it-happen-or-make-it-happen-theres-more-than-one-way-to-get-in-the-zone-149173

◆2種類の「ゾーン」
スポーツ科学や心理学の分野では、これまで「ゾーン」に関する研究が複数行われてきましたが、こうした研究では「ゾーンには1種類しかない」ということを前提にしてきました。
これは、スポーツ選手などが功績を挙げてから数カ月、あるいは数年が経過した後に行われたインタビューに基づいているため、細かいゾーンの違いについての記憶が風化してしまったことが原因です。

そこで、サザンクロス大学で心理学を研究しているクリスチャン・スワン氏とスコット・ゴダード氏らの研究チームは、並外れたパフォーマンスを示してから数時間から数日以内のアスリートにインタビューを実施しました。

その結果、「ゾーンには『フロー』と『クラッチ』の2種類が存在する」ということが分かったとのこと。
スワン氏らは、2種類のゾーンの違いを「アスリートの証言では、フローは余裕で『実現させる(Letting it Happen)』と表現され、クラッチはここ一番という瞬間に意図的にギアを上げて『実現する(Making it Happen)』と形容されます」と説明しています。

(以下略、続きはソースでご確認下さい)

Gigazine 2020年11月25日 21時00分
https://gigazine.net/news/20201125-zone-flow-sport/

引用元: ・【心理学】アスリートが到達する無我の境地「ゾーン」には『フロー』と『クラッチ』の2種類があった  [すらいむ★]

23: オカルト名無し 2020/11/26(木) 19:36:01.65
>>1
なるほど。
ゾーンの状態を24時間続けられたら、
全集中常駐になるな。
3: オカルト名無し 2020/11/26(木) 13:41:31.72
あれイメトレのおかげだと思ってたわ
4: オカルト名無し 2020/11/26(木) 13:44:46.13
俺もフロータイプなんだろうな
5: オカルト名無し 2020/11/26(木) 13:50:26.51
つうかこれって発揮するために揃った条件と状況を細かく分けてる事にならないよね
精神的な状態によって変わるゾーンを2つとも経験してるような人が必ず居るだろうし
例えば会社勤めか自営業かで発揮される能力なんて言われてもピンとこないわ
6: オカルト名無し 2020/11/26(木) 13:51:41.33
黒子のバスケの中の架空の設定なのかと思ってたけど、
ゾーンなんて本当にあるのか
10: オカルト名無し 2020/11/26(木) 14:15:38.52
>>6
黒子なんかより前からゾーンに入ってるなんてスポーツ中継で言われてた気がするが。
17: オカルト名無し 2020/11/26(木) 15:41:05.90
走馬燈?
20: オカルト名無し 2020/11/26(木) 17:50:34.28
突発的な状況でスローモーションに見えるのってクラッチかな
何かを落としたときにそう見えるから空中で余裕で掴める
でもそれは子供の頃からずっとそう
21: オカルト名無し 2020/11/26(木) 17:57:20.55
アスリートってのは証言のとこでしか書いてないのにスレでアスリートに限定してるのはなぜですか
24: オカルト名無し 2020/11/26(木) 19:51:27.18
ドラゴンボールで説明してくれ
29: オカルト名無し 2020/11/27(金) 01:34:49.94
ヴィパッサナー瞑想とサマタ瞑想の違いに似ている
46: オカルト名無し 2020/11/27(金) 10:22:16.67
クラッチは、火事場の馬鹿力でしょ?
これは、スポーツだと自分を追い込む練習してないと使えない。

わかりやすいのは、野球の打者で1か月休まず素振り1000回やると使える

周りの音が聞こえないとか、身体が勝手に反応していたとかそんなレベルじゃなく。
打つ瞬間のコンマ数秒ボールが止まって見えたり、スローモーションに見える。

この感覚は、高い所から地面に落ちた時に走馬灯を見たり、周りの景色がスローモーションに見えてるのと同じ現象で
地面ギリギリまでスローモーションに見える

どちらも面白いのは、打球が当たったり地面に当たった瞬間から通常の世界が始まる

50: オカルト名無し 2020/11/27(金) 12:22:23.52
反復運動だけじゃ説明つかない現象があるからな。高い所から落ちた事ある人間なら同意出来るかも知れんけど

落ちるコンマ何秒を体感的に秒まで使える様になる。走馬灯ってのは、経験から解決案を探してる状態。

反復運動して時間縮めてるのは、似てる様でまた話が違って
究極まで行くと場面で止まったりかなりのスローに見える

51: オカルト名無し 2020/11/27(金) 12:37:50.10
バイト遅刻ギリギリの時に
体型からは信じられないようなスピードで走ることが出来るのはクラッツか?
66: オカルト名無し 2020/11/28(土) 08:44:42.26
>>51
アドレナリンだな
静止膜電位を底上げしてくれるので運動野からの神経伝達が良くなる
筋肉が一瞬増えてるわけじゃないよ
54: オカルト名無し 2020/11/27(金) 23:20:18.03
イチローは神の領域だから精神年齢が異常に高いんだろうな
60: オカルト名無し 2020/11/28(土) 07:14:36.95
たしかに全集中水の呼吸をやったらパフォーマンスが上がった

コメント

タイトルとURLをコピーしました